相続放棄の必要書類(家庭裁判所に提出するもの)

 相続放棄を行う場合の家庭裁判所に提出する一般的な必要書類です。なお、相続放棄手続き完了後に家庭裁判所から「相続放棄申述受理証明書」を取得して相続登記に添付します。 

  書類名

書類が必要となる理由

取得できる場所

 被相続人についての書類(共通)

@ 死亡の記載のある戸籍謄本 被相続人が死亡したことを証明するため。 本籍地の市区町村役場
A 住民票の除票(本籍の記載あり) 被相続人の最後の住所を証明するため。 最後の住所地の市区町村役場

 申述人についての書類(共通)

B

戸籍謄本 

被相続人との相続関係を証明するため。 本籍地の市区町村役場

 第一順位相続人(子、またはその代襲相続人(孫、ひ孫))が申述する場合 

C

代襲相続人の場合、被代襲者(本来の相続人=子)の死亡の記載のある戸籍(除籍、改製原戸籍)謄本 

被代襲者(子)が被相続人よりも先に死亡したことを証明するため。 本籍地の市区町村役場

 第二順位相続人(父母、祖父母) が申述する場合

D

被相続人の出生から死亡に至るまでの戸籍謄本、除籍謄本、改製原戸籍謄本

第一順位の相続人がいないことを証明するため、被相続人の出生から死亡までの記録を調べる必要があるため。 本籍地の市区町村役場
E 被相続人の子(および孫)で死亡している者がいる場合、その子(および孫)の出生から死亡に至るまでの戸籍謄本、除籍謄本、改製原戸籍謄本 第一順位の相続人(子、孫)が死亡しているために、第二順位の相続人が法定相続人となることを証明するため。 本籍地の市区町村役場
F 祖父母が申述する場合、父母の死亡の記載のある戸籍(除籍、改製原戸籍)謄本 第二順位の相続人(直系尊属)のうち、父母が死亡しているために、祖父母が法定相続人となることを証明するため。 本籍地の市区町村役場

 第三順位相続人(兄弟姉妹、おい、めい)が申述する場合 

G

被相続人の出生から死亡に至るまでの戸籍謄本、除籍謄本、改製原戸籍謄本

第一順位、第二順位の相続人がいないことを証明するため、被相続人の出生から死亡までの記録を調べる必要があるため。 本籍地の市区町村役場
H

被相続人の子(および孫)で死亡している者がいる場合、その子(および孫)の出生から死亡に至るまでの戸籍謄本、除籍謄本、改製原戸籍謄本

第一順位(子、孫)および第二順位の相続人(父母、祖父母)が死亡しているために、第三順位の相続人が法定相続人となることを証明するため。 本籍地の市区町村役場
I

被相続人の直系尊属(父母、祖父母)の死亡の記載のある戸籍(除籍、改製原戸籍)謄本

代襲相続人(おい、めい)の場合、被代襲者(本来の相続人=兄弟姉妹)の死亡の記載のある戸籍(除籍、改製原戸籍)謄本 被代襲者(兄弟姉妹)が被相続人よりも先に死亡したことを証明するため。 本籍地の市区町村役場

 ※ 相続放棄の申述を行い、家庭裁判所に認められて確定した後、「相続放棄申述受理証明書」を取得することができるようになります。

 ご依頼をいただければ、これらの書類は当事務所にて取得を代行いたします。

相続放棄による相続登記の手続きの流れについてはこちら

不動産登記トップへ戻る

▲このページのトップに戻る